経営系列
経営系列

経営学部 ダソル会計学科

経営学部
あいさつ
経営学部では、企業活動に必要な経営知識と経営の原理や管理技法の習得を通じて、国家経済発展の原動力となっている企業の経営者に必要な専門的な知識・能力・資質を培養するように指導しています。特に、急変している21世紀の知識情報社会で必要な様々な応用能力を培養するためにIT、情報通信、融・複合学問に対する知識を涵養するように努力しています。 経営学部を卒業した人は企業とすべての経営組織に適用できる学問的理論と実践的知識を体系的に学習することにより、合理的な意思決定をすることができ、企業に対するバランスの取れた見識を備え、環境変化に能動的に対応する専門経営人として創意的な思考と自分の開発能力を発揮することができます。 また、世界化、情報化の変化の中で個人の発展と成就を成し遂げて社会と国家の発展に寄与できます。したがって、卒業後、進路選択の幅が非常に広いところも特徴の1つです。 経営学部に支援したすべての学生が社会に進出して立派な経営人がなることができるように努力をしている経営学部に来た学生の皆さんを心から歓迎します。皆さんの夢を経営学部で思いっきり広げられることを望んでいます。
-教育目標
経営学部の教育目標は世界化・情報化の環境変化の中で国家競争力の最も重要な原点になりつつある企業と、その他すべての組織に適用できる学問的理論と実践的知識を体系的に教育することである。 経済学、会計学、企業法など隣接学問に対する理解をもとに経営に対する分析的アプローチと合理的な意思決定方法を深層的に教育する、企業に対するバランスの取れた見識を備え、環境変化に能動的に対応できる専門家を養成するために創意的な思考能力と自己開発能力を培養できるようにプログラムを構成している。このような教育目標の実現を通じて個人の学問的発展と成就を成し遂げ、企業の成長を通じて社会と国家の発展にも寄与することができる。
-特徴と教育内容
経営学領域では国家経済発展の原動力となっている企業の基本的な機能、つまり、人的資源管理、マーケティング、生産管理、財務管理、国際経営、経営情報、戦略経営などの分野に対する専門的な経営知識と経営の原理及び、管理技法の習得を通じて、今後、企業の経営者として必要な専門的な能力と資質を培養する。経営学は代表的な実用学問で、現代社会で経営学専攻者に対する需要は増え続けている。経営学はすべての経営組織体に適用できる経営理論と応用を勉強し、卒業後、進路選択の幅が広く、世界化、情報化の社会環境の変化の中で国家競争力の最も重要な源泉になりつつある企業と、すべての経営組織に適用できる学問的理論と実践的知識を体系的に学習することにより、経営に対する分析的アプローチと合理的な意思決定をすることができる。企業に対するバランスの取れた見識を備え環境変化に能動的に対応する専門経営人として創意的な思考と、自分の開発能力を発揮することができ、これを通じて個人の発展と成就を成し遂げ、社会と国家の発展に寄与することができる。会計学領域は、企業経営者と外部利害関係者たちに財務的情報を迅速かつ正確に解釈・伝達して正しい意思決定をできるように、助けるための体系学問領域である。こうした学問的目的を達成するために財務会計、管理会計、税務会計、会計情報システム、会計監査などの会計学問体系を基に実務と理論を兼ね備えた専門家養成のためのプログラムで構成されている。 情報経営学領域は知識情報時代、またはデジタル経済時代の核心になる情報経営に関連した学問的な理論と実務的な知識を体系的に教育します。第一、関連知識を備えた実務中心の産業志向的な専門家を育成する。第二、知識情報社会で求められる情報システムの計画、管理と開発に関する学習を通じて、実務での適応力、問題解決能力を備えた専門家を養成する。第三、産業志向的な専門家養成を志向するために、電子商取引及び情報処理関連の専門資格証を取得するように、組織の経営活動に応用できる能力を備えるようにする。
-卒業後の進路
経営学領域を履修した卒業生たちは主に金融、サービス及び製造企業など民間企業で活動しており、公務員試験や告示を通じて公務員、公企業に就職したり、その外に、社会全般にわたる様々な業種でそれぞれの能力を発揮している。そして、国内外の大学院にも進学をし、学問研究や教授など、教職にも進出している。 最近の経済環境下で企業はもちろん政府とすべての非政府機関で、資源の効率的管理と透明性が重要視されていることにより、会計専門家に対する需要が大きく増加している。会計学領域を履修した卒業生たちは就職進路は企業の会計専門家及び税務専門家、公認会計士、または税務士資格取得後自由職業人に進出、経営諮問会社の専門家、政府機関の会計専門職、各種非営利機関の会計及び財務担当専門職、大学教授や研究機関の研究員など様々である。 情報経営学領域を勉強し、企業と政府などの組織でIT・経営コンサルタント、情報経営専門家、e-ビジネス専門家、情報セキュリティ専門家、情報システム専門家などとしての職務を遂行することも可能である。また、電子商取引管理士、情報検査士、情報技術士、情報処理管理士、情報処理技師、公認会計士、経営指導者などの資格証を獲得しやすく、企業・公共機関・システム統合会社、教育機関などで情報技術専門家として就職をすることができ、大学院に進学して電子商取引または情報システム分野に対する研究を続けることもできる。


ダソル会計学科
あいさつ
-教育目標
国内最大規模のダソル会計法人と本大学が税務ㆍ会計分野の優秀な専門人材を養成するための相互協同教育体系である'採用条件型契約学科'を設置ㆍ運営している。ダソル会計学科に選抜された学生は4年間の学費、全額支援受けながら、産業体オーダーメード型教育課程を通じて専門人材として養成される。ダソル会計学科卒業後、優先的にダソル会計法人に採用される特典の付与を受けることができる。
-特徴と教育内容
ダソル会計学科は税務・会計分野の専門家を養成するための特化された教育プログラムを運営している。既存の会計学科で運営される財務会計、原価・管理会計、会計監査、税務会計、会計情報システム、非営利団体会計などの理論教育をもとに、税務・会計分野の専門的で実用的な領域の力量を涵養するための別途プログラムを運営している。特に、税務会計関連領域の現場実習及びインターン教育プログラムはこれを履修した後、すぐ実務に適用可能な専門家を養成する特化されたプログラムである。
-卒業後の進路
産業体オーダーメード型教育課程を通じて専門人材として養成されたダソル会計学科の卒業生は卒業後、優先的にダソル会計法人にまず採用の特典を付与されることができる。また、自身の能力によって公認会計士、税務士資格試験の受験に必要な支援を受けることもできる。