医科大学
医科大学

医学科 看護学科

医学科
あいさつ
建学理念である仏教精神をもとに正しい倫理観と未来志向的で創意的な世界観で医・生命科学科の医療倫理を教育して実践することにより、人類社会に奉仕できる真の医療人を育成することに重点を置いています。情報化時代を迎え、医学科で強調する教育方針は、第一、医師として必要な基礎医学知識と専門臨床医学知識を通じて人類社会に奉仕できる全人的な医療人を養成。第二、単なる知識型より能動的で創意的な探求の精神を持つように教育。第三、患者を自分のように大切にして愛することができる人間愛が充足した医療人を養成することを教育哲学としています。これを実現するためには学問の世界化の傾向により基礎及び臨床医学の統合教科目と各学年に適合した深層的な問題中心の学習討議を正規教科の課程で編成して授業することにより、多元化された現代の社会に適合した資質を備えた医療人を育成しています。 また、正規教科の課程以外の様々な教育プログラムと部活動を通じて協調心と奉仕精神を涵養することにより、大学の重要機能の一つである国と地域社会に奉仕できる人材教育にも多くの努力をしています。 これからももっと中身のある教育環境と研究環境を構築するために努力するものであり、慶州病院と日山病院は慈悲と信頼をもとに、先端診療と良質の医療ㆍ研究を通じて医学の発展を先導する国際的病院に導いていきます。このような先進病院を基盤にして学生のための臨床教育の空間拡大及び質的改善を通じて、最高の知識と人格を備えた優秀な医療人材の養成のため、続けて努力をしています。 医学科の学士に関する事項に対しては、医科大学/医学専門大学院のホームページの教育目標と教科課程、学科の特性、教授の紹介欄を参考にしてくださることを願いつつ、まだ十分ではない点や追加的な事項については、医科大学/医学専門大学院お問い合わせしてくだされば親切に案内し、資料をお送りします。 真人間に開かれた教育を実践して、大学の発展のために努力する医科大学/医学専門大学院にたくさんの声援と協力をお願いいたします。教育改革を誠実に推進して新たに跳躍する東国大学校の医科大学医学科について関心を持って頂けることを願っています。これからも多くの激励をお願いします。
-教育目標
力量ある医療人 C100基礎学の知識、術技を習得する C200臨床医学、術技、態度を習得する C300研究のための原理と方法を習得する 知恵を備えた医療人 S100批判的思考で問題を発見、解決する能力を育てる S200国際医学活動参加のための素養を養う S300の指導的な役割を遂行できるリーダーシップを育てる 慈悲深い医療人 M100仏の慈悲を実践する医療人になる M200道徳性と倫理観を備えた医療人になる M300のコミュニケーション能力を備えた医療人になる 精進する医療人 D100持続的な発展をために自己主導学習能力を持つ D200学習、省察を通じて医療専門職業性を備える D300献身、奉仕を実践できる素養を備えている
-特徴と教育内容
医学科の教育課程は専攻科目を4年生の間、170単位を履修する。医学全般にわたる専攻科目はすべて履修しなければならないので、1科目でも単位を得られなかったり評点平均が2.0未満なら留年となる。医学教育課程は学年制であるため、留年になる場合、当該学年の講座を全部また履修しなければならない。医学科1、2年生の過程での基礎及び臨床理論教育に続き、3、4年生の臨床実習教育を履修しても卒業の総合テストを通過しなければ、卒業できないことはもちろん、医師国家試験にも受検することができない。
-卒業後の進路
卒業生は国が認定する資格試験を経て医師になることができる。大学病院、総合病院及び個人病院で臨床医師として研修医及び専攻の過程を通じ、患者の診断及び治療に取り組むことができる。専攻課程を修了し、専門医の資格試験を通じて当該分野の専門医の資格証を取得した後、専門医師として活動することが可能である。 患者の診療より医・生命科学分野の研究及び教育に関心がある学生は、医科大学の基礎医学教室で助教と同時に学位課程を行う。.基礎医学では解剖学、生化学、生理学、薬理学、微生物学、病理学、予防医学などの学問分野がある。


看護学科
あいさつ
東国大学校の医科大学看護学科は、1997年3月に開校して以来、優秀な研究力量と教育的な経験を持った8名の教授を中心に持続的に発展して出ている学科です。 特に看護教育認定の基準に適合するように構成された成果中心の教育課程を根幹とし、学習者たちの批判的思考能力を涵養しています。主要な看護の実技力量を向上するために様々な問題中心学習の機会を提供しており、最先端施設が備わった実習室を造成しました。 その結果14年連続で看護師国家試験100%合格率を誇り、首都圏及び地方国公立の大型病院の高い就職率を維持しています。 また、在学生たちの高い結束力をもとに看護学科の学生会は校内外活動で数多くの受賞実績を蓄積しており、卒業した同門らは同窓会を中心に母校愛の寄付活動及び在学生のために特別講義に自発的に参加しています。 このように我の看護学科は教職員と学生が一つになって、建学理念である仏教精神を実践し、高いレベルの加護を実践するために不休の精進を重ねています。
-教育目標
本学の建学理念である仏教精神をもとに創意的な思考能力と科学的看護知識を涵養して、治療的な世話の関係を形成して総体的人間中心の看護発展と安寧に貢献する専門職看護士養成を教育目的とする。 1.創意的思考能力と科学的看護知識の探求能力涵養 2..批判的思考基盤、道徳的世話の関係の形成 3総体的人間中心の看護発展と安寧を図る国際的力量習得
-特徴と教育内容
1.知恵を備えて慈悲を実践する態度を持つ。 2.多様な教養知識と専攻知識に基づいた看護術を統合的に実務に適用する。 3.対象者の介護状況による核心基本の看護術を選択実行する。 4.言語的、非言語的の相互作用を通じた治療的コミュニケーション術を適用する。 5.健康問題の解決をために専門分野間の協力関係を説明する。 6.保健医療チーム内の業務調整役割の重要性を説明する。 7.批判的思考に基づいた看護過程を適用して臨床的推論を実行する。 8.看護専門職標準を理解して確認する。 9.看護実務の法的、倫理的基準を理解して看護実務に統合する。 10.看護リーダーシップの原理を比較分析してリーダーシップを発揮する。 11.看護研究を企画して直接遂行する。 12.国内外の保健医療の政策変化を認知する。
-卒業後の進路
看護学科の卒業生は毎年国家で実施する試験を通じて看護師免許を取得しながらこれと共に教職履修者たちは、保健教師資格を取得した後、専門性を生かして次のような様々な保健医療分野で活動することができる。 -臨床看護師:量・韓方病院 -保健教師:小・中・高等学校保健室 -保健看護師:保健所、保健支所 -保健診療院:農・漁村の保健診療所 -教授及び研究職:国内外有数大学の大学院課程を修了した後、大学及び研究機関に勤務 -産業場看護師:産業場及び企業体の医務室 -海外就業:所定の資格認定試験を経て米国をはじめとする先進国の医療界就職 -医療保険審査看護師:健康保険管理の公団や病院保険課 -教育及び相談看護師:製薬会社及び医療機器の会社 -公務員:各地方自治団体主管の任用試験を通過した後、保健職及び事務行政職 -航空会社:乗務員又は医務室の看護師 -特殊クリニック運営:腸瘻クリニック、言語治療室など -助産師:1年の助産師の収拾過程を経た後、国家資格試験合格の後、資格取得 -13分野別専門看護師:大学院の専門看護士課程を卒業後、資格取得 -救急看護師:所定の救急看護師養成課程を修了した後、資格取得 -老人療養施設:老人療養施設運営又は療養保護士