信仰生活
キャンパス ライフ || 信仰生活

(仏教生活の説明 – ジョンガクォン)
正しい取組みをする仏教神学校として、ジョンガクォンでは、大学のスタッフおよび学生全員が彼らの精神的および身体的能力を高め、楽しい禅生活へと導けるよう、知恵や情けを実践して、仏教の理想社会および浄土思想を形成しながら自身を完璧にするという、仏教精神に基づいた様々な種類の仏教儀式や宗教イベントを開催しています。

1. 主な活動とイベント

灌仏会の祝賀行事
東国のスタッフ及び学生向けの大仏教会議
優れた僧や著名人のための仏教儀式&スタッフおよび学生のための定期的な仏教儀式
大学の信仰グループまたはその他の信仰グループの為の定期的な仏教儀式
仏陀ホールでの自己瞑想訓練
東国メンバー全員のための信仰指導
説教資料の発行(ジョンガクォン神学校、仏教への道、および伝播書)
スタッフおよび学生全員のための瞑想の場

2. 仏教についての学生グループ

ソクリムグループ:学生僧グループとして、説教資料「仏陀の森」を発行し、患者を勇気づけるために病院を訪問しています。また、メンバーは仏教や地元のお寺に対して学生グループの主要な僧として活躍しています。
仏教組合:学内の仏教グループの組合として、大学内外における説教を含む仏教グループの活動をサポートしています。
仏教学生協会:仏教学生が禅を実践し、毎週木曜日の通常仏教儀式、そして冬季および夏季休暇の見習いセッションを企画するグループです。また、付近のお寺で子供および青少年のためにも見習いセッションを開いています。
シムウーグループ:メンバーは東洋医学を専攻する学生で構成されています。主な活動には瞑想のための週1回の会議が含まれ、その会議では仏教についての講義、仏教における児童教育学部のマヤグループとの共同医療サービス、そして子供のための仏教学校が設けられています。
ハンマウムグループ:医学部の仏教学生グループとして、本グループは病院の仏陀ホールで開かれる通常仏教儀式を企画し、医療サービスを提供し、冬季および夏季休暇に見習いセッションを設けています。
マウム・ソリ:このグループは1週間に2回手話クラスを開催し、聴覚障害があり、話すことのできない仏教徒に交流活動を実施し、リハビリ施設を訪問し、年少者の仏教徒にも手話クラスを提供しています。
ギュンブルグループ:このグループはギュンジャン寮の学生僧で構成されていて、週に1回通常仏教儀式を企画し、学生僧の伝播の責任を果たしています。
木製銅鑼の音:信仰グループとして、このグループは仏教研究・文化学部の学生で構成されていて、仏教研究を通した説教活動および説教資料の刊行を実施しています。
僧学生予備役将校訓練団:このグループは予備役将校訓練団(ROTC)に参加している僧学生で構成されていて、通常の仏教儀式を企画し、説教活動を実施しています。
筆を持った赤ちゃん仏陀:このグループは子供の創造的な芸術活動を研究することを専門としています。
ドンシム:学生は、大学やその他の場所で行われている活動を通して示されているリズミカルな動作を学ぶためにこのグループに加入します。このグループは様々なパフォーマンス活動を企画しています:仏教研究・文化学部への新入生向けオリエンテーションで、5月のブルグク寺で、1学期および2学期のメンバーシップトレーニングで、また12月の通常パフォーマンスセッションを通して。
マヤ:マヤは団結した学生グループで、毎週火曜日と木曜日に幼児教育および仏教の研究をしています。また、ジョンガクォンで毎週月曜日に行われる通常会議を企画し、幼児教育および仏教伝播のために夏季休暇中にボランティアサービスを行っています。
ガリュウビンガ:このグループは合唱団で、仏教聖歌、アニメのテーマソング、創造された子供の歌、およびその他の子供向けの有名な歌を歌っています。専門教育を実施する現在のトレンドに従い、このグループは幼児教育に関連した様々な活動を行い、ハンドベルパフォーマンスを実施しています。年間のパフォーマンスと共に、このグループはその能力を高めています。